京都教育大の6人 示談で釈放

『集団準強姦罪は告訴がなくても起訴できるが、地検は女性に処罰感情がないことから起訴の必要性がないと判断した』


婦女暴行は今でも親告罪だったかどうか?


他者を負傷せしめた場合は、刑事犯罪になるので、当人同士が示談でええよと合意しても、検察は加害者を告訴することが出来る。


婦女暴行が今でも完全な親告罪だとすると、どんだけメタクソに強姦しても、被害者が告訴しなければ、検察も告訴できないので、無罪放免になる。


それっておかしくね?とも思うが、穿った見方をすると、強姦が親告罪でないといすると、娼婦を買った男性を検察の判断で全て強姦罪にすることも出来るので、親告罪のままでいいのかどうかってのはかなり微妙な気はする。


この事件、あまりに世間の耳目が集まってしまったので、告訴できなくなったとも取れる。


まあ、何をもって一番の被害者救済とするのかは、いつでも判断が難しい。
加害者を死刑にしても、被害者に救済措置がないなら、その量刑は不様だと言えるし。


謎な基準の法律ってはいっぱいあるが、なぜそういう法が成立したのか、歴史を辿っていくと思いもかけぬことが分かるかも知れない。



京都教育大の6人示談で釈放